送信パラメータの詳細

決済区分

書式:NNNNN-NNNN-NNNNN-NNNNN-NNNNN-NNNNN-NNNNN
(以下表の対比12345-6789-ABCDE-FGHIJ-KLMNO-PQRST-UVWXY)
N には「0」もしくは「1」を設定(契約していない決済を選択「1」に設定した場合エラーとなります。)

F 以降の決済手段を利用しない場合については従来の「00000-0000-00000」の形式でも決済利用可能です。

サンプルプログラム概要
項目 決済手段 説明
1 クレジットカード決済※ クレジットカード決済が利用可能で、利用したい場合は「1」を設定 それ以外の場合は「0」を設定
2
3 コンビニ決済 コンビニ決済が利用可能で、利用したい場合は「1」を設定 それ以外の場合は「0」を設定
4 ネットバンク決済
(ジャパンネット銀行)
ネットバンク決済のジャパンネット銀行が利用可能で、利用したい場合は「1」を設定 それ以外の場合は「0」を設定
5 ネットバンク決済 
(楽天銀行)
ネットバンク決済の楽天銀行が利用可能で、利用したい場合は「1」を設定 それ以外の場合は「0」を設定
6 未使用 未使用項目 「0」を設定
7 ペイジー ペイジーが利用可能で、利用したい場合は「1」を設定。
8 電子マネー
(WebMoney)
電子マネーのWebMoneyが利用可能で、利用したい場合は「1」を設定。 それ以外の場合は「0」を設定
9 ウォレット
(Yahoo!! ウォレット)
Yahoo! ウォレットが利用可能で、利用したい場合は「1」を設定 それ以外の場合は「0」を設定
A 未使用 未使用項目 「0」を設定
B ウォレット
(PayPal)
PayPalが利用可能で、利用したい場合は「1」を設定 それ以外の場合は「0」を設定
C 電子マネー (BitCash) BitCashが利用可能で、利用したい場合は「1」を設定 それ以外の場合は「0」を設定
D 電子マネー(電子マネーちょコム) 電子マネーちょコムが利用可能で、利用したい場合は「1」を設定 それ以外の場合は「0」を設定
E 未使用 未使用項目 「0」を設定
F スマートフォンキャリア決済 スマートフォンキャリア決済が利用可能で、利用したい場合は「1」を設定 それ以外の場合は「0」を設定
G JCBオンラインプリペイドサービス決済 JCBオンラインプリペイドサービス決済が利用可能で、利用したい場合は「1」を設定 それ以外の場合は「0」を設定
H SBIネット銀行決済  SBIネット銀行決済が利用可能で、利用したい場合は「1」を設定 それ以外の場合は「0」を設定
I GMO後払い決済 GMO-PS後払い決済が利用可能で、利用したい場合は「1」を設定 それ以外の場合は「0」を設定
J 未使用 未使用項目 「0」を設定
K 未使用 未使用項目 「0」を設定
L 未使用 未使用項目 「0」を設定
M 未使用 未使用項目 「0」を設定
N 未使用 未使用項目 「0」を設定
O 未使用 未使用項目 「0」を設定
P 未使用 未使用項目 「0」を設定
Q 未使用 未使用項目 「0」を設定
R 未使用 未使用項目 「0」を設定
S 未使用 未使用項目 「0」を設定
T 未使用 未使用項目 「0」を設定
U 未使用 未使用項目 「0」を設定
V 未使用 未使用項目 「0」を設定
W 未使用 未使用項目 「0」を設定
X 未使用 未使用項目 「0」を設定
Y 未使用 未使用項目 「0」を設定

項目1,2 についてはどちらか一方、もしくはどちらとも「1」の場合クレジットカード決済が可能となります。

クレジットカード決済は、契約している全てのブランドをカード番号入力画面にて購入者様が選択する形となりま す。

パラメータにて、ブランド単位の利用は制限できません。

【設定例】
・クレジットカード決済のみを選択の場合 : 「10000-0000-00000-00000-00000-00000-00000」
(「11000-0000-00000-00000-00000-00000-00000」or「01000-0000-00000-00000-00000-00000-00000」でも可)
・コンビニ決済のみを選択の場合 : 「00100-0000-00000-00000-00000-00000-00000」
・クレジットカード決済とコンビニ決済の場合 : 「10100-0000-00000-00000-00000-00000-00000」

課金区分

課金区分
課金区分の値 名称 課金方法 課金周期 同月内で
登録・解除した際の
課金方法
説明
登録月 解除月
1 1回課金 - - - - 【クレジット決済の場合】
1回課金の場合は「1」を設定
(月次課金を利用の場合は2~10を利用、定期課金を利用の場合は21~32を利用)
【クレジット決済以外の場合】
「1」を設定(2~32はご利用できません)
2 月次課金2 全額 無料 - (1か月分)全額  
3 月次課金3 全額 全額 - (1か月分)全額  
4 月次課金4 全額 日割り - (1か月分)全額  
5 月次課金5 無料 無料 - 無料  
6 月次課金6 無料 全額 - (1か月分)全額  
7 月次課金7 無料 日割り - 登録日~解除日まで日割り  
8 月次課金8 日割り 無料 - 登録日~解除日まで日割り  
9 月次課金9 日割り 全額 - (1か月分)全額  
10 月次課金10 日割り 日割り - 登録日~解除日まで日割り  
21 定期課金1 全額 全額 毎月 全額  
22 定期課金2 全額 無料 毎月 全額  
23 定期課金3 無料 全額 毎月 無料  
24 定期課金4 無料 無料 毎月 無料  
25 定期課金5 全額 全額 隔月 全額  
26 定期課金6 無料 全額 隔月 無料  
27 定期課金7 全額 全額 3ヵ月毎 全額  
28 定期課金8 無料 全額 3ヵ月毎 無料  
29 定期課金9 全額 全額 半年毎 全額  
30 定期課金10 無料 全額 半年毎 無料  
31 定期課金11 全額 無料 1年毎 全額  

32

 

定期課金12 無料 全額 1年毎 無料  

注意事項

【課金区分の値について】
「課金区分1~32」の設定により1回課金、月次課金、定期課金(課金の周期)の指定、ならびに登録月と解除月の課金金額が変わります。

【ユーザーIDとカード情報登録について】
カード情報はユーザーIDごとに紐付け管理いたします。 従って、月次課金、定期課金をご利用の場合はエンドユーザ毎にユニークなユーザーIDを設定してください。 ユーザーIDに紐付くカード情報は1件のみとなり、カード決済を行った最新のカード情報を保持します。

【月次課金・定期課金登録の管理について】
月次課金・定期課金登録はユーザーIDと商品コードを対にして管理、登録されます。 そのため、同じユーザーIDと商品コードの組合わせでは月次課金、定期課金共に1件の登録しか行われません。 同一のユーザーIDで複数の月次課金・定期課金登録を行いたい場合は異なる商品コードを設定してください。

月次課金ご利用の注意事項

【日割りの計算方法】
登録あるいは解除をした日を含む、実使用日数をその月の総日数で割ります。(1円以下の端数は切捨)

【月次課金の登録数】
1店舗あたりの同一ユーザーIDの月次課金は最大20件までとなります。

【月次課金利用条件】
月次課金を利用する場合はクレジットカード会社の専用の審査があるため、イプシロンに必ずご連絡ください。依頼せずに月次課金を利用すると「909:月次課金は契約上使用できません」のエラーが発生致します。
決済方法はクレジットカード決済を選択してください。それ以外を選択している場合、「601:クレジットカードの支払い方法以外では」のエラーが発生いたします。

同一のユーザーIDと商品コードで、複数のオーダ情報を送信されても、売上として課金されるのは1件だけです。同一のユーザーに複数の月次課金サービスを提供する場合は、商品コードを別にしてください。ユーザーIDに紐付くカード情報は1つのみとなります。

ユーザーIDはクレジットカード決済を行った最新のカード情報を保持しています。従って、月次課金をご利用の場合はエンドユーザ毎にユニークなユーザーIDを設定してください。

定期課金ご利用の注意事項

【解除月について】
定期課金では、毎月25日売上が確定します。そのため毎月25日以降の処理区分「9:退会」処理において定期課金が解除された場合、解除月は翌月となります。【定期課金利用条件】
定期課金を利用する場合は、「定期課金サービス利用料」のオプション契約が必要となります。

同一のユーザーIDと商品コードで、複数のオーダ情報を送信されても、売上として課金されるのは1件だけです。同一のユーザーに複数の定期課金サービスを提供する場合は、商品コードを別にしてください。

ユーザーIDに紐付くカード情報は1つのみとなります。

ユーザーIDはクレジットカード決済を行った最新のカード情報を保持しています。
従って、定期課金をご利用の場合はエンドユーザ毎にユニークなユーザーIDを設定してください。

処理区分

クレジットカード決済のみ処理方法が変わります。
それ以外の決済方法をご利用の場合は、当パラメータには 「1」を設定するようにしてください。

処理区分の設定方法の詳細は以下を参照ください。

処理区分
process_code 名称 処理内容
1 初回課金 全ての決済方法に適用され、取引単位で決済が完了
2 登録済み課金 クレジットカード決済にのみ適用(それ以外の決済方法は選択不可)
1度クレジットカード決済を実施するとuser_idに紐付けてクレジットカード番号をイプシロンで保持し、2回目以降のクレジット決済において、クレジットカード番号の入力を不要にする
カード会社で与信がNGの場合は、再度クレジットカード番号を入力する画面が表示
この機能を利用の場合、加盟店様で購入者様のユーザーIDの管理を実施が必須 ユーザーIDに紐付くカード情報は最新で使用されたカード情報を保持します。
※ユーザーIDに紐付くカード情報は一つのみとなります。
3 登録のみ user_idとクレジットカード番号の登録のみを実施。
登録後同じuser_idでかつprocess_code=2(登録済み課金)を実施する、クレジットカード番号の入力画面が表示されずに商品を購入が可能。
ユーザ登録と決済を同時に実施する場合、process_code=2(登録済み課金)で処理
4 登録内容変更 process_code=2(登録済み課金)もしくはprocess_code=3(登録のみ)で登録したuser_idに対し、紐づいているuser_name、user_mail_add、クレジットカード番号を変更するのに利用 。
User_idの変更は不可のため、変更する場合については新規に登録が必要
7 退会取消 process_code=9(退会)で退会したuser_idの退会を取り消し(退会処理した月のみ可能)。
8 月次課金解除 対象のデータの月次課金取引を解除する
解除月の課金については、課金区分の説明を参照
9 退会 該当のuser_idに対して利用停止にする。
利用停止になると該当のuser_idで決済は一切の決済が不能となる。
また対象のuser_idに対して登録の月次課金サービスがあった場合は処理実施時が解除月となる。
月次課金サービスの解除月の課金については、課金区分の説明を参照

process_code=8(月次課金解除)は、月次課金の契約がない場合はご利用できません。
月次課金をご利用の場 合、イプシロンカスタマーサポートにご連絡ください。