資料DL WEB申込

資金サポートFinancial support

早払い(ファクタリング)サービスの必要性

医療・介護報酬 早払い(ファクタリング)の必要性

医療・介護報酬は国に対しての債権であるため、「確実に支払われる」という信頼性が高い債権です。しかし、通常は報酬が入金されるのが約2ヶ月後となり、それまで人件費や維持管理費などのコストはかかり続けます。資金繰りの改善のため、医療・介護事業など、医療・介護報酬を受取る職種において早払い(ファクタリング)は有効な資金調達方法です。

早払い(ファクタリング)は通常より約1.5ヶ月早く資金化することができ、医療機関・介護事業所様の資金繰り改善に貢献します。

医療・介護事業の倒産数の推移

高齢化の進展により、医療・介護事業は新規参入の多い業界です。しかし、人手不足や資金繰りの悪化から倒産件数は増加傾向にあります。

医療・介護事業の倒産数の推移

早払い(ファクタリング)のメリット

早払い(ファクタリング)は融資ではないため負債扱いにならず、いざという時の借入余力を残しながら早期に資金調達をすることができるサービスです。

その他にも・・・・

スピード1 スピードが速い
早払い(ファクタリング)サービスは、通常2ヶ月後に受け取る医療・介護報酬を1.5ヶ月早く資金化することが可能になるため、キャッシュフローが改善します。
スピード2 負債にならない
融資ではないため負債にならず、いざという時の借入余力を残しながら資金を運転資金や設備資金として有効に活用することができます。
スピード3 新規事業でも申し込める
銀行融資では断られがちな、新規設立後すぐのお客様のでも申し込むことが可能です。

ページトップへ


Copyright (C) 2002 GMO Epsilon, Inc. All Rights Reserved.