売上向上ツール

売上を130%増加させるアフィリエイト広告とは

講師   :VALUECOMMERCE株式会社 小林 弘佑氏、小坂 洋輔氏
日時   :2014年11月19日

講演内容

・集客の重要性について
・費用対効果の高い広告手法
・アフィリエイト広告の仕組みについて
・アフィリエイトお金の流れについて

講演内容の一部をご紹介

・費用対効果の高い広告手法

アフィリエイト広告は、WEB広告のひとつで、「商品が売れた時にのみ広告手数料を支払う」
という広告であるため、費用対効果が非常に高い広告手法として注目されています。

広告手法 コスト/月 課金形態
純広告 数万~数百万円
(表示課金・期間買取)
商品が売れなくても費用が発生
リスティング広告 数万円~
(1クリック毎に課金)
アフィリエイト広告 数万円~
(商品・サービスが成約した際に課金)
商品が売れたときのみ費用が発生

 

アフィリエイト広告の仕組み

WEBサイトや個人ブログなどに広告を掲載し、購入者がその広告を経由し、商品を購入したりすると、 WEBサイトや個人ブログの管理者に報酬が支払われるという仕組みとなっています。

・アフィリエイトとは?

アフィリエイトは、大きく分けて3者が存在している。
広告主:広告を掲載したい人
アフィリエイト(ASP):広告主を掲載先のサイトへ紹介する人
サイト管理者:広告を掲載する人

アフィリエイト広告の仕組み

 

アフィリエイト広告のお金の流れ

掲載先の広告を経由し、購入者が商品やサービスを購入した場合、予め設定してある成果報酬が広告主から掲載先のサイトへ支払われます。

アフィリエイト広告の仕組み

・掲載先サイトへの報酬は設定が自由

広告主は、掲載先のサイトごとに報酬を設定することができ、掲載先サイトは各広告主の売上と報酬額を比較しながら、どの広告を掲載するのか選択していきます。

報酬の種類は以下の内容となっています。
・定額報酬型・・・1注文あたりの報酬 (例:1注文500円)
・定率報酬型・・・売上あたりの報酬  (例:10,000円の売上に対して5%の500円)

 


ページトップへ