• ホームへ戻る
  • 売り場をつくる
  • 商品写真撮影の「簡易スタジオ」を作ろう

売り場をつくる 魅力的なサイト作りを目指しましょう。

商品写真撮影の「簡易スタジオ」を作ろう

商品写真撮影の「簡易スタジオ」を作ろう

「買いたくなる商品写真」のポイント では、購入者様が思わず買いたくなるような商品写真のポイントを解説しました。 今回は、魅力的な写真を撮るためのミニアイテム『簡易スタジオ』の 簡単な作り方をご紹介します。

商品撮影の要は「光」

いざ商品写真の撮影をやってみるとなかなか難しいものですよね。 商品を机に置いてみたり、窓辺に置いてみたりしますが、、、暗くなってしまったり影が出てしまったりして、 困っているショップオーナーさんは多いのです。商品写真を撮影する際、写真の印象に大きく関わってくるのが『光』です。 太陽光(自然の光)、蛍光灯の明かりなど、光を調節できると写真はきれいに撮れます。 そんな時役に立つのが「簡易スタジオ」です。

簡易スタジオの作り方

【用意するもの】

  • ダンボール(30~50cm四方のもの)
  • 白い紙
  • セロハンテープ、クリップ、ホチキス等(接着・固定するもの)
  • トレーシングペーパー、半透明ビニール等(光を通すもの)

【作り方】

まずダンボールの片面を切り取り、開いた状態にします。 床面が平らでないものは、厚紙などで平らにしましょう。開いたら、内側全体に滑らかに紙を貼ります。(上をクリップやセロハンテープで留めます)

基本的にはこれで完成です。上から当たったライトが内面で反射し、商品の細部にも光が当たるので明るく写ります。 更に、上に薄いトレーシングペーパーなどを被せて撮影すると、商品に均一に光が当たります。 プロが撮影する際に使用する、『ディフューザー』の役割です。陰影が少なくなり、やわらかな雰囲気で撮影することができます。 余裕があれば、3000円程度で販売されている簡易スタジオを購入するのも良いでしょう。

他にも色々!撮影のひと工夫

台所用ゴミ取りネットをレンズに被せてソフトフォーカス! ネットをできるだけ伸ばしてレンズにかけるとソフトフォーカスで撮影することができます。 造花や木の箱、グラス、カゴ、毛糸など、100円ショップで買える小物を使って一緒に撮影すると雰囲気の出る素材は100円ショップで十分手に入ります。  

 

商品写真ひとつで、サイトの印象が変わります。
商品が良くても写真が悪いために売上が落ちてしまうなんてことのないよう、
簡易スタジオを上手に利用して、印象的な写真を掲載しましょう。

売り場づくりにオススメ!

  • SSLサーバ証明書

    大切な個人情報データを暗号化し、 安全な通信のための SSLサーバ証明書です。

    SSLサーバ証明書
  • ネット銀行決済

    ネット銀行と連携した入金サイクルが早い決済サービスです。

    ネット銀行決済
  • ランサーズ

    「メルマガの作成」「デザイン制作」 といった様々な業務を依頼できる国内最大級のクラウドソーシングサービスです。

    クラウドソーシング ランサーズ
  • スピード翻訳 by GMO

    24 時間 365 日、最短30分納品でプロの翻訳者に翻訳をご依頼いただけるサービスです。

    スピード翻訳 by GMO
  • ショップノート

    ECサイトをアクセス解析・典型的に発生する課題を自動判定、解決へのステップも自動的に提案するサービスです。

    ショップノート
  • スマートフォンキャリア決済

    商品の購入料金を、キャリアの使用料と合算してお支払いできる決済サービスです。

    スマートフォンキャリア決済
  • おまかせWeb 商品撮影サービス

    ショップページに掲載する商品の写真撮影を代行してくれるサービスです。

    おまかせWeb 商品撮影サービス
  • WebAlert

    Webサイトのマルウェア感染を
    検知・通知するサービスです。

    WebAlert