1)CSRの準備

CSR(署名要求:Certificate Signing Request)を作成してください。
CSRの作成方法はお客様がお使いのウェブサーバによって異なります。

関連コンテンツ

Organization = コモンネーム
Organization Unit = “Domain Control Validated”

2)承認メール受信用のメールアドレスの準備

SSLサーバ証明書の発行には本人確認が必要となります。クイック認証SSLでは書類申請が不要なオンライン申請を採用しており、メールにて本人確認をしています。お申し込み前にドメイン所有者のみが受信可能と想定されるメールアドレス(admin、root@等のメールアドレス、もしくはwhoisに記載のあるメールアドレス)をご準備ください。

【本人確認とは】

申請者とドメイン所有者(ドメイン管理者、サーバ管理者)が同一人物、もしくは同一組織に属していることの確認

☆管理者として想定されるメールアドレス

* admin@コモンネーム * admin@コモンネームで使用されているドメイン名
* administrator@コモンネーム * administrator@コモンネームで使用されているドメイン名
* hostmaster@コモンネーム * hostmaster@コモンネームで使用されているドメイン名
* root@コモンネーム * root@コモンネームで使用されているドメイン名
* ssladmin@コモンネーム * ssladmin@コモンネームで使用されているドメイン名
* sysadmin@コモンネーム * sysadmin@コモンネームで使用されているドメイン名
* webmaster@コモンネーム * webmaster@コモンネームで使用されているドメイン名
* postmaster@コモンネーム * postmaster@コモンネームで使用されているドメイン名
* info@コモンネーム * info@コモンネームで使用されているドメイン名
* it@コモンネーム * it@コモンネームで使用されているドメイン名

☆WHOISに登録されているメールアドレス

下記ドメイン登録情報検索よりWHOISに登録されているメールアドレスをご確認いただけます。 whoisに登録されているメールアドレスの変更や一般公開に関してはドメイン登録業者様にお問い合わせください。

■JPドメインの場合(●●.ne.jp、●●.co.jp、●●.or.jpなど)

「登録担当者」もしくは「技術連絡担当者」の中の「電子メール」をご確認ください。「通知アドレス」はご利用になれません。

■汎用JPドメインの場合(●●.jp)

Contact Information : 「公開連絡窓口」の「Email」をご確認ください。
JPRS・JPドメイン名登録情報検索サービス

■gLTDドメインの場合(.com .net .org)

Registrant Email, Admin Email, Tech Emailに登録されているメールアドレスを確認ください。
Network Solutions NIC Whois Gateway

上記受信可能なメールアドレスが無い場合

ドメインの登録情報を変更し、受信可能なメールアドレスをご設定ください。

ドメイン認証の仕組み

  1. お申し込み時にお客様(ドメイン所有者)のみが受信可能と想定されるアドレスが表示されます。その中から承認メール受信用のアドレスをご選択いただきます。
  2. ご選択いただいたアドレス宛にGMOグローバルサイン社より承認メールを送信いたします。
  3. 承認メールに記載されたURLをクリックし、お申し込み内容をご確認いただきます。
  4. お申し込み内容に間違いがなければ承認ボタン(承認する)をクリックしていただきます。
  5. 注文確認画面が表示され、本人確認(注文確認)の終了となります。

3)申込書の準備

ページ下部の『サービスに申し込む』より必要書類をダウンロードしてください。

【必要書類】

・クイック認証SSLサービス申込書(1部)
申込書のダウンロード

ウィンドウを閉じる