GMO Epsilon, inc.

3Dセキュア認証支援サービス

3Dセキュアについて

3Dセキュアとは、インターネット上でクレジットカード番号・有効期限以外に各クレジットカード会社から発行されたインターネット専用のID・パスワードをお客様が入力しクレジットカード決済を行う仕組みです。
現在では、「VISA」「MASTER」「JCB」の3ブランドが採用しています。

  • ブランドごとに異なる名称ですが、総称して「3Dセキュア」と呼ばれています。

不正利用とチャージバックについて

カードホルダー以外の第三者が本人になりすまし、商品を購入することを不正利用と呼びます。
不正利用と判明した時点で、クレジットカード会社はチャージバックを起こします。

※チャージバックとは?
カードホルダーが不正利用等により利用代金の決済に同意しない場合に、クレジットカード会社が加盟店様に対して支払いを拒絶すること。

チャージバックが発生した場合、イプシロン決済サービス利用約款(クレジットカード決済関連)第9条に基づき、該当取引の売上金をお支払いすることができません。
また、すでにイプシロンと加盟店様にて精算が終了している場合や、直近のお振込み分より相殺できない場合には、イプシロンに該当金額をご返金いただく必要があります。
よって、加盟店様は、商品を発送(サービスを提供)したにも関わらず、その売上金が入金されないという状況となります。

チャージバックでの被害を最大限に抑えるために

3Dセキュア認証支援サービスと併わせてチャージバック保証サービス(3,000円/月)をご契約いただくと、チャージバックが発生しても加盟店様は不正利用による請求額(上限300万円/月※)を負担せずに済みます。
3Dセキュア認証支援サービスを導入していない加盟店様は、上限50万円/月までとなります。

なぜ3Dセキュアが必要なのか?

盗難にあったクレジットカードや偽造クレジットカードによる不正利用が増加しており、それらを未然に防ぐため、本人しか知り得ないパスワードを入力する3Dセキュアが有効となります。

3Dセキュア認証支援サービスのメリットとデメリット

メリット

なりすまし防止

本人が登録したパスワードによって認証します。そのため、他人のカード情報を盗用し、カード所有者に「なりすまし」、不正に商品やサービスを授受することを未然に防ぎます。

安心

3Dセキュア認証支援サービスを導入している場合、購入者に「セキュリティ面にも注意を払っている」というアピールができます。

3Dセキュアロゴ

デメリット

機会損失

カード所有者が登録したパスワードを覚えていないことがあり、購入手続きの際、パスワードがわからないために購入を辞めてしまうことがあります。

3Dセキュア必須化について

3Dセキュアは、「クレジットカード発行会社」が本人認証のシステムを持ち、クレジットカード所有者がパスワードを登録して、初めて本人認証が行なえる仕組みとなります。
クレジットカードが未対応だったり、クレジットカード所有者が未登録の場合には、3Dセキュアを導入していても、本人認証は行われません。

  • 3Dセキュア必須化に対応しているクレジットカード決済は「JCBブランド」のみとなります。
  • 取扱商材によっては、クレジットカード会社より「3Dセキュア必須化」が義務付けられる場合があります。

3Dセキュア利用可能なクレジットカードブランドについて

3Dセキュアを必須にした場合の決済状況
VISA MASTER DINERS JCB AMEX
決済可能※1 決済不可※2 決済不可※3
  • 1.発行会社・パスワードが未対応・未登録でも決済可能となり、パスワード登録済みの方のみ「本人認証」を行ないます。
  • 2.パスワードを登録すれば決済可能となります。
  • 3.AMEXがシステム上対応していないため取扱いになれません。

3Dセキュアが必須でない場合の決済状況
VISA MASTER DINERS JCB AMEX
発行会社が対応していなくても、パスワードが未登録でも決済可能。
パスワードが登録している場合のみ「本人認証」を行なう。

利用料金について

  法人契約 個人契約
月額費用(税抜) 1,000円 500円

申込案内の詳細へ

注意事項

3Dセキュア対応ブランドについて

VISA/MASTER/JCBブランドが対応しています。
その他のクレジットカードブランドにつきましては、本人認証が行われない通常の取引となります。

携帯電話対応について

3Dセキュア認証支援サービスは携帯端末からはお取引ができません。

3Dセキュア解約時の対応について

  • 3Dセキュア認証支援サービスの利用停止日は、イプシロンにて解約を受付した日の翌々月3営業日もしくは6日のどちらか早い日となります。
  • クレジットカード会社からの要請で3Dセキュア認証支援サービスを導入いただいた場合、解約はできません。
  • 3Dセキュア認証支援サービスの解約にはクレジットカード会社の審査が必要となります。審査結果によっては、一部のクレジットカードブランドがご利用停止となる場合がございます。

3Dセキュア必須化について

  • 3Dセキュアでの取引のみ受付可能とする3Dセキュア必須化も用意しております。
  • 3Dセキュア必須化対応をした場合には、未対応未登録のクレジットカードにつきましては、取引自体ができなくなりますので、ご注意ください。

3Dセキュアの金額変更後の留意点について

  • 3Dセキュアを利用した決済を金額変更した場合、3Dセキュアを利用しない決済となります。そのため、後日カード会社より不正利用などでチャージバックの連絡を受けた場合、受入せざるを得ないことがございます。

申込案内の詳細へ

ECサイト運営者向けの「最適なセキュリティ対策」選び

イプシロンは多彩なセキュリティサービスをご用意しております。複数のセキュリティサービスを組み合わせてショップに最適なセキュリティ対策を行いましょう。

 

  • 追加申込をされる場合、以下の「追加申込」ボタンをクリックしてください。
    管理画面にログイン後、契約・審査 > 決済・オプションの追加申請 からお申込いただけます。

ページトップへ